さらば神の子… 山本”KID”徳郁、逝く

山本キッド徳郁、あの男が41歳の若さでその生涯を終えた。格闘技の神の子が、神のもとへ、 あまりにも早く召されたのだ。

しかし正直に言ってしまうと、現役時代、キッドの現役時代に、 彼を応援したという記憶はほとんどない(笑) 理由はほとんどが、あまりにも強すぎるからと言う典型的な昭和のアンチ巨人感情であった。また修斗デビュー時はペナルティをを受けたこともあるなど、マナー違反の部分も目立っていたし、それに K 1・HERO'S参戦後は、というか谷川貞治さんが 露骨にプッシュしてたからね。谷川氏の泣きっ面を見たい、と思うあまりにキッドの相手に勝ってほしいと、ほぼ一貫して思ってたような気がする(笑)

だけど全盛期のキッドはアンチだからこそ覚えているが、アンチが「クソ―」と思いながらも、 魅了されざるを得ないようなとんでもない神がかり的なファイトをしてきた。

HEROES はペーパービューがなくて、全試合きちんと見るには会場しかなかったということもあり、会場には結構行った。 ホイラーグレイシーを完全 KO したファイト、伝説の4秒飛び膝蹴り KO と「 やばい、かっこよすぎる俺」のマイクなどは直接見聞きした。

【四秒KO】山本KID徳郁vs宮田和幸
そういえば自分は柔術的な サブミッションを決め技にするタイプのファイターが好きで、そのキラー的存在だったからこそ山本KIDは好きじゃなかったのだけど、ホイラーや須藤元気を倒してトーナメント優勝だからね。

アマレスでがっちりとした基礎と体幹を持っているけれど、そこは倒されないということに活用して、実際の武器はとんでもないばねを生かしたビッグパンチ…というファイターは高橋義生がいたけれど、それを一段も二段も進化させたようなファイトだった。


時代と個人が、ぴったりとある時期に一致した「星の時間」を共有した男だからこそ総合格闘技のアイコン足り得たのだろう。

実際彼は、MMA盛り上がりの機運が満ち満ちた時期にデビューし、 最盛期は地上波テレビ放送(TBS)で全面後押ししたイベントで頂点を極めた。怪我のアクシデントもあり、実力的に降った時期は日本だけでだが MMA が下火になる時期であった。どちらもうまくいかなかったけど、途中でのアマレス挑戦、そして最後の UFC 所属は、一般世間に届く知名度や、海外での知名度を押し上げる効果もあったろう。

離婚などもあり、個人的な生活レベルも天国から地獄までみたらしい(TBS「バースデー」でその辺のことを詳しくやっていた)けど、 本人も結局根っからのアスリートで、大きな車を何台も持つような生活からジムで寝泊まりするような生活まで楽しむことができたらしいのは救われる。

あれだけのカリスマだから支援者もいたらしく、ジムも栄枯盛衰がありながら常に多くのプロファイターを排出し、そして日本格闘技界の最高傑作、歴代パウンドフォーパウンドの堀口恭司という存在を生み出した。

その堀口が、キッド本人がそうだったように、キックの世界で一番のカリスマ、今一番輝いているファイターとキックルールで大一番を迎える…あと11日後、その試合を見ずに行くことは残念だったろう。

しかし一番の特等席 から、 愛弟子の大一番を見守ってくれるだろうと信じたい。

「…人の寿命には定まりがない。農事が四季を巡って営まれるようなものではないのだ。

人間にもそれに相応しい春夏秋冬があると言えるだろう。十歳にして死ぬものには、その十歳の中に自ずから四季がある。二十歳には自ずから二十歳の四季が、三十歳には自ずから三十歳の四季が、五十、百歳にも自ずから四季がある。

 十歳をもって短いというのは、夏蝉を長生の霊木にしようと願うことだ。百歳をもって長いというのは、霊椿を蝉にしようとするような事で、いずれも天寿に達することにはならない。…四季はすでに備わっており、花を咲かせ、実をつけているはずである。」


吉田松陰が処刑直前に江戸・小伝馬町牢屋敷の中で書き上げた「留魂録」より)

http://www.yoshida-shoin.com/torajirou/ryukonroku.html

河合克敏「帯をギュッとね!」が全話ネット公開(9月23日まで)

www.sunday-webry.com

帯をギュッとね!(話)

河合克敏

★9月23日まで全話公開中!
5人の中学生が、昇段試験で黒帯をとった。粉川巧、同じ北中の杉、南中の斉藤、それに東中の三溝と宮崎だ。かつてのライバル同士が、意外な形で再会したのは、高校の入学式。しかも同じクラス。でも、この浜名湖高校には、柔道部がなかった。そこで彼らは、柔道部を自分たちで創部する。全員一年生の新生・浜名湖高柔道部がスタート!!

サイト上で通用する「コイン」が必要となります。



単行本販売はこちら

帯をギュッとね! (1) (小学館文庫)

帯をギュッとね! (1) (小学館文庫)

最近、作者と作品の研究ムックが発売されました



柔道vsレスリングの異種格闘技戦は20巻。
いまの日本スポーツ界を揺るがす、部活の上下関係やパワハラ的な問題…努力することと楽しくやることの違いを、そういう問題のない正反対の立場(彼らは自分で柔道部を一から作ったので先輩がいなかった)から描いているところも注目

ちびまるこちゃんの映画版が追悼放送



「100分で名著スペシャル 石ノ森章太郎」再放送…は終わってしまった

13日とは覚えていたけど、午前0時からだったか!

www.nhk.or.jp

終わってしまった、と書くだけでは意味がないので、出演者の夏目房之介さんのツイート




この番組に限らず、いまは放送手段、配信手段が色々豊富なのだから、こういうトーク番組は収録時間を気にせずに「200分版」とか「ノーカット版」とか作って、どんどんBS限定とか、NHKオンデマンド限定とか、DVD販売のみとかいろんな形で公開していけばいいと思う。

生誕80周年記念読本 完全解析! 石ノ森章太郎

生誕80周年記念読本 完全解析! 石ノ森章太郎



NHKオンデマンドに「100分de名著」はあることはあるんだけど、全シリーズ必ずそうなのかはわからないっぽい(手塚治虫の回、無いらしいし)
www.nhk-ondemand.jp

沖縄知事選、告示前の『「偽」世論調査 』という話について

この話。

虚構のダブルスコア 沖縄県知事選、出回る「偽」世論調査 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース https://ryukyushimpo.jp/news/entry-799272.html

というより、それへのはてブの反応なんですが
http://b.hatena.ne.jp/entry/s/ryukyushimpo.jp/news/entry-799272.html

ちょっとおかしいんですね。

まず、
・選挙前の調査はいろんなところが当たり前のようにやってる
・でも、ほとんどが外部には公表しない非公式なやつ
・正面から聞かれてもノーコメントか、否定するのがふつう
・だけどやっぱり隠し切れずに、どこかには出回っている

となるのがフツウなんですよ。 与党側だって多分やるし、野党側だって多分やる。メディアだって多分やってる。
しかし、もともと内部の数字だから、正面切って「あるんですか/その数字はXXXXなんですか」と聞くと、はい、その通りです。ってだれも認めない。だけどその数字自体はなにかしら存在するってほうが多い。
だから今回、本当に「朝日新聞の調査」や「国民民主党の調査」であるという固有名詞はフェイクだったとしても、「調査の存在と、その結果としての数字」自体は実在してもおかしくないんじゃね、ってこと。


てか、その琉球新報の記事

朝日新聞社広報部は、この数字の真偽について「これは事実無根だ。弊社の数字ではない。そもそも調査も何もしていない」と調査自体を否定した。

こっちは、まあ広報部の断言を信じるとしても


>国民民主党は本紙の取材に対し「調査をやったという話は確認できない。承知していない」と答えた。
こっちは否定の仕方曖昧じゃないですか?あやしくないですか?



というか
>「朝日新聞」以外でも、政党が調査したとされる数字で「56・8対21・3」や、「34~35ポイント差がついている」といった情報が出回っている。
> そのうち「国民民主党世論調査」とされるものは

これ、素直に読めば
・いくつかの「政党の調査」数字が複数出回っているのに
琉球新報が取材したのは「国民民主党の調査」という数字だけで、しかも否定の仕方はあいまいだった。

はてブでも言及いくつかされてるけど

沖縄県知事選 最大の争点は基地移設。序盤は知名度で勝る玉城氏が先行か|リサーチコム世論調査 | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム http://go2senkyo.com/articles/2018/08/30/37259.html

というところははっきり、調査をやったって言っている。

■調査方法■
沖縄県内の電話帳掲載者から無作為に電話番号を抽出し、固定電話に自動音声が電話をかける方法で調査した。

■実施時期■
8月25日(土)
■調査数■
沖縄県内にお住いの18歳以上の男女約10,000人を対象に調査を行った

この調査の精度などにはいくらでも文句をつける余地があるけど、とりあえずの結果だ。
候補の直接の数字はあえて書いてないけど、色グラフの長さで一目瞭然でしょう。少なくともここの調査はダブルスコア気味だったんだろうね
これに疑義を述べたいなら、少なくとも琉球新報はこの調査を取り上げて、取材して、コメント貰った上で批判すればいい。だけどそこはあえてしなかったのでしょう。


そもそも、もしデマだとしたら、誰が何の目的でデマを流しているのでしょうか。
はてブの雰囲気的には「自公が、相手のオール沖縄系を油断させて運動を鈍らせるためにデマを流した」っぽくなっているけど…その可能性も、確かにあるでしょう。

だけど、そもそも「アンダードッグ効果」と「バンドワゴン効果」があるわけで、特に沖縄選挙は、その後の公共事業などをにらんだ勝ち馬につきたい業者系の日和見勢力もけっこういるんでしょ?
下手にダブルスコアなんて宣伝したら、そいつらオール沖縄のほうにいっちゃいます。


てか、たしかに「状況は不利」と書かれれば自陣営の運動は活気づくかもしれないけど、経験則的に言われてるのは「ほんのわずか、不利なんです。あとほんのちょっとのがんばりで逆転できる!!」が一番有効だってこと。
デマを流すんだったら、「数ポイント、あっちにリードされてる!」じゃなくて、なんで裏切りや諦めにつながるかもしれない「ダブルスコア」っていうデマを流すんだろう、と?


そもそも、ダブルスコアで玉城有利、って自公の陰謀での宣伝かというと

玉城氏がWスコア優勢? 沖縄知事選で早くも始まった情報戦 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236471

翁長知事の遺志継ぎ 沖縄知事選は玉城デニー氏が勝利する https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/237065

日刊ゲンダイも、連載してる孫崎も別に自公応援じゃないだろう。こいつら、実は裏の顔は自公応援のスパイなの?それとも、簡単に踊らされるバカなの?(そうだ、と言われればそれで終わりなんだけど)
てか、琉球新報日刊ゲンダイを名指しして批判すればいいですよ。三流の偽情報タブロイドだ、ってさ…


@kyoneshige
JX通信社 代表取締役。88年山口県生の30歳。報道研究者。報道ベンチャーとして通信社やTV局に緊急情報を配信するFASTALERT、速報No.1アプリ @NewsDigestWeb などAIニュースサービスで「報道の機械化」に取り組む。専門は選挙予測、地方自治、民間航空

https://twitter.com/kyoneshige

このひとが

沖縄県知事選、ひと言で言えば「現職の二期目の選挙」みたいな感じ」
https://twitter.com/kyoneshige/status/1036159371179216896
「翁長氏は命がけで基地問題を最大争点にしたと言ってもいい。新人同士の一騎打ちのはずが「翁長県政の信任投票」に。それを物語る情勢。」
https://twitter.com/kyoneshige/status/1036160333109329920

みたいに書いてる。

「現職の二期目の選挙」って、常識で言って「現職側が圧倒的に強い選挙」って意味ですよ。
たとえばアメリカの戦後の大統領で、現職が二期目に出馬して負けたのはフォード、カーター、パパブッシュしかいない。 
日本の知事や市長だって、統計を取れば二期目に出馬して再選できなかった人、10%いるかどうか…(適当な推論ですけど、たぶん本当に二選失敗は稀な話。)

米重さんだって選挙予想の看板しょってるんだから不用意にこんな発言しないでしょう。


世論調査が通用しない"沖縄の選挙"の行方 #BLOGOS http://blogos.com/outline/323380/

この記事でも編集部が
「早くもメディアや各政党が行う世論調査の数字も飛び交っている。8月下旬から今月にかけて行われた数字は、多少ばらつきがあるが、おおむね傾向は似ている。玉城氏が佐喜真氏を、ほぼダブルスコアでリードしている。」と断言してる。
その後の「だけど安心できない」というのは、沖縄の特殊な事情(圧力がすごい)によってそういう数字が出ても、結果につながらないかもしれない、という話であって、数字自体がフェイクって話じゃない。
琉球新報は(以下略


俺の予想

たぶん、こういう数字が出ていることは実際に事実なんだろう。
それが最後の選挙結果と比べてどれぐらい正確か、というのは重要で面白いけど、それは、「調査してみたらダブルスコアという結果が出た」というのが事実か事実じゃないか、というのとは別の話だし
その数字は「朝日新聞の調査」か「国民民主党の調査か」という、固有名詞だけ真偽を調査してもしょうがない。


てか「ダブルスコアの数字が出たのは朝日新聞の調査だというのはフェイク」というのは 
A「その調査と、数字自体が存在しない」
B「調査と数字があるのは事実だが、朝日新聞によるものではない」
のどっちなのでしょうか。

そこを敢えて、琉球新報はあいまいな形にして、この記事を作ったように見えますね。
…てか、これって「ご飯論法」とかなんとか言わなかった?



こういう点を踏まえて、
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-799272.html
http://b.hatena.ne.jp/entry/s/ryukyushimpo.jp/news/entry-799272.html
を再読してみてくれれば幸いです。

NHK「未解決事件 国松長官狙撃」からメモ/ 戸籍に読みの記載はないから、自由に変えられるってホント?

 

見出しで書いた通りの話。

 

NHK「未解決事件 国松長官狙撃」ドラマ版、

名優の演技合戦は非常に面白かったのだけど

 

最初の取り調べの時に國村さんとイッセー尾形で交わされた、この会話ー

 

戸籍に読みの記載はないから、いつでも自由に変えられる、個人の自由だってホント?

f:id:bookroad:20180913023602j:plain

f:id:bookroad:20180913023637j:plain

f:id:bookroad:20180913023727j:plain

f:id:bookroad:20180913023741j:plain

f:id:bookroad:20180913023749j:plain

f:id:bookroad:20180913023756j:plain

 

人間は、DVの同棲相手と縁を切りたいとか、借金からの失踪とか夜逃げとか…、これまでのしがらみを断ち切ってやり直したいってことありますよね。

 

古今亭志ん生は、借金から逃れるために何度も芸名を変えたって聞いたことあるし。

 

ただ、偽名を使うにもいろいろとコストや手間はかかるし、偽名を名乗ると犯罪になってしまうこともありますよね。

 

そんな時、仮にこの中村メソッドが本当に正しいなら、漢字の読み方を変えることで、「偽名」にはならず、それなりに過去のしがらみを断ち切るのには有効なこともあるんじゃないでしょうか?

とくに、今はデータベース時代でしょうから、コンピューターは

山田太郎の読みを「やまだたろう」からとつぜん「やまだ ふとしろう」と変更したら、同一人物ではないとデータベースに記録されるんじゃないでしょうか。

 

酒気帯び運転や万引きなどの軽犯罪で捕まった時などでも、こうやって通常では使わない読み方を名乗れば、気づく人の範囲を減らすことが出来るとか……そういえば、山田邦子が昔、誰かと付き合って旅行に出るとき、「ヤマダホウコ」とホテルとかでは署名してた、という話が週刊誌に載ってて、頭いいなあとすごく感心した記憶がよみがえったのだった。

 

以上のことは、あくまでNHKで2018年9月に放送された「未解決事件」ドラマのやり取りが正しかった場合の話です。実際のところは、そうでもないのかもしれません。

 

実験できればいいのですが